Blog

マイホームの買い時 その22018.12.22

ここにきて、少し寒さが和らいだ週末ですが、この3連休は雨模様のスタートに
なりました。
天気予報では、年末寒波襲来と気象庁が予想していまが、できれば
外れてほしいと、わたしの勝手な気持ちです。

さて、前回のテーマに引き続き、マイホームの買い時になります。
お客様にとって最適な購入時期は、とても悩まれると思います。
マイホームの予定はあるが、日々忙しく考える時間も無いままに
時間が過ぎていると、よくお客様からお話しを聞きます。





今回の消費税率引き上げにより、計画を持たれている方は決断を
迫られることになります。
そんな方々に以下の条件を考慮する必要があります。
住宅ローン減税
すまい給付金
これらは収入によって検討すべきです。
ご両親からの支援がある方は、贈与を最大に活用する場合
などを含めて、増税後の方がお得になるケースがあります。
何れにしても、ケースバイケースですので、しっかりとした
計画が大事になりますね。
但し、増税前がお得になる方々もおられますので、早めの
プランニングをお勧めします。





それと大事なことは、住宅ローンの金利になります。
今が底と、何度金融機関の方々から聞いか?
この件に関しましては、あまり考えすぎると、いつまで
経っても購入できなくなってしまいます。
しかしながら、多額の借入になりますと金利によって
お客様のご負担は大きく変わってきます。
そんな方には、プロのコンサルティングのご紹介を
させていただきます。
専門のコンサルティングが、400社以上ある金融機関の
住宅ローンをを調査・分析しお客様に合ったローンを
提案してもらえます。
先ずはご相談されることをお勧めします。




以上、マイホームの買い時 その2ですが
このテーマは引き続ブログであげていきたいと考えています。

最後に私からのひと言
購入時期も大事ですが、どのよう家を購入するのか?
と、云うよりもどのような家があるのか?
そして、お客様が住みたい住まいを選んでください。
デザインだけではなく、住宅性能を比較してください。
とにかく勉強してください。
大きな買い物ですから。



K-HOUSE 西村勝次














  • LINCAR
  • journal standard
  • ACME
  • BRIDGER
  • SHINSEI HANABI
  • 一般社団法人