Blog

冬の空気2019.02.15

まだまだ寒い日が続いています。
今回のテーマは冬の空気です。



寒いのが苦手な私ですが、冬の空気は澄んでいて
気持ちがいいなぁと思うときがあります。
特に梅雨時の、あの蒸し暑さは不快でたまりません。

私が高気密高断熱の家に興味を持ち、北海道で生まれた
FP工法『FPの家』を施工するにあたって、先ずは勉強会
への参加が義務付けられていました。
初めて参加して驚いたのが、施工の勉強ではなく空気のこと
でした。
それは、空気のことを知っておかないと結露のシステムが
理解できないからです。
冬場の窓が結露するのはあたり前と多くの方が諦めています。
でも、窓が結露していると云うことは、壁の中も結露している
と思いませんか?
ここが理解できていないと、欠陥住宅になってしまうことで
先ずは、空気のことから勉強することになります。

では、なぜ冬場の窓は結露してドボドボになるのか?
そんな結露を防ぐ方法があるのか?
などなどは、次回ブログにて説明させていただきます。

株式会社K-HOUSE 西村勝次















  • LINCAR
  • journal standard
  • ACME
  • BRIDGER
  • SHINSEI HANABI
  • 一般社団法人